■夏休み第7回■


    ■B1:澱ヶ淵■

 ついに正体を現した和泉くんことイズムくん。
「苦しみのない夢」を与えると言う彼は渡瀬さんを連れ去り
白瀬プロジェクトはかつてない危機を迎えております。
果たしてプロジェクトはどうなってしまうのか?!注目の第七回です。


 イズムくんの力で再び現れたもぐらさんがセットを壊しにかかります。
まずはコレを何とかするぞーということで戦闘開始です!
うわー!もぐらさんがもう一匹いると思ったら奥様でしたか!(笑)
既婚者だったんですね…いやはや意外です。でもかわいいですね。
モグラの夫婦。シル○ニアファミリーみたいです(そうか?)

洞窟内を地上地中問わず縦横無尽に動き回るもぐらさん。
落盤の恐れがあって大変危険です。
良い子は真似しちゃダメです(良い子悪い子以前に不可能)
そんな現場にやってきた大河とてら。今回は珍しく二人一緒です。
這い回るモグラを目にし、てらは力いっぱい言い放ちます。
「渡瀬さん亡き今、その留守を預かる俺が学園の平和を守らないと!」

もう一度。

「渡瀬さん亡き今、その留守を預かる俺が学園の平和を守らないと!」
死んでねー(笑)
渡瀬さん好き好き言っといて結構いい度胸してますね。そんなに生き急ぐな(笑)

ガーランドのツッコミも軽く流しててらは大河に啖呵を切ります。
私的にココの「甘えはするがこんな風に頼ることの珍しい弟〜」という描写が
好きだったりします。テラー、相変わらずパッセがやる以上にPCらしい描写ですv

とにもかくにも秘策を出そうとする二人ですが大河は技名が恥ずかしいので
シノープルにバトンタッチします。あーあ、大河が監督義務を怠った上に
似たもの同士の二人だからもう収拾つきません。
そして放たれる天野兄弟合体技、その名も「サンダー・サイクロン」!!
てらは一体何見て育ったんでしょうね(笑)

本人的にはカッコいいと思ってたらしいです。アクトの段階では
もっと恥ずかしい名前も考えていたのですが。
ミラクルとかマジカルとか付いちゃうようなのを(笑)

何とか合体技でもぐらさんにダメージを与えることができ、他の皆さんも
煙でいぶす、水攻め、光攻め等々もぐらさんにはツライ攻撃をしかけ
もぐらさん万事休すか?!という時、もぐらさんに停戦交渉が持ちかけられます。
殺しとかそういうのはありません。そういう作風(何)
いえ、ひとえにBリードの皆さまの気性がお優しいおかげなのですが。ステキなリードです。


 一方、眠りにつくことで夢の世界に行こう!という方々もいらっしゃいます。
生身で夢の中に入ると澱みに囚われてしまう危険があるとか。なかなか難しいのですね。
その中で少しイズムくんの目的のようなものが見え隠れし始めます。
誰もがイズムくんの与える幸せな夢に心酔して、イズムくんはその甘い夢の世界に生き続ける。
そんな世界をイズムくんは作ろうとしたんですね。夢の世界に住む人達にとって
痛い夢なら自分も痛いし、怖い夢ならば自分も怖いようです。
実際には本当に痛みや恐怖を感じているのとは少し違うようですが、同じようなものだとか。
だからそういう夢を見ないようにしようということなのでしょうかね。
そう考えますと前回の「俺ならば彼らに真の幸福を与えられる。
苦痛も、悩みも、死さえない、完全な幸福を」という言葉の意味も何となく分かりますね。
まあ筋が通っていると言えば通っていますが問題なのは現実世界のことが
全く計算に入れられていないことですね。
人が現実世界で生きている以上夢ばっかり見てても御飯が食えないのですよ!(爆)
それじゃ困るということでイズムくんを止めねば!とは思うのですが
そうこうしている間にイズムくんの与える夢に囚われてしまう方々も出てきます。
それどころか、皆さんを無気力にする怪しげなものが現実世界に流れ出し
次々と映画スタッフ達を襲います。…ゴガツビョウノモトモト?(分からんて)
このままでは映画制作が進まないというかもっと大変なことになりそうです!
どうする?!で次回に続きます。



■Back■